外反母趾|外反母趾のための靴選びは足底板を入れてから

足底板とは足裏をサポートしてくれるもので、外反母趾の人にとってはまさに必須アイテムともなります。
しかし、どんなにお気に入りの靴があったしとても、この足底板は後から靴の中に敷くことが出来ません。
と言うのも、自分の足に合う靴なのにそこに足底板を入れるとその分かさが増し、靴の中の大きさが小さくなってしまいます。
すると、靴を履いたときに当然足を痛めてしまいます。
ですので、そんなことにならないためにも足底板を使用する場合は足底板を靴に敷いた状態での靴選びが、足底板を入れる靴を持つためのスタートになります。
足底板を入れたせいで足のサイズに合わなくなった靴を履くことは足底板の悪化を招きますので、絶対にしてはならない注意点となります。