外反母趾|足底板を靴に入れて、外反母趾にも優しい靴を実現しよう

外反母趾の人は足のアーチが崩れ、偏平足、開張足になってしまいます。
ちなみに偏平足とは足の裏が平らで、土踏まずがほとんどない足のことで、開張足とは横のアーチが潰れた足の形でタコなどが非常に出来やすい状態です。
これらは外反母趾のせいでなったのに、更に外反母趾を悪化させていく原因ともなります。
このような足のために、足底板と言う足の下に敷く分厚いシートのようなものがあります。
これは部分的に盛り上げたり、へこませたり、傾斜により重力のかかる箇所を調節したりしてくれる便利なものです。
この足底板を靴の底に入れると、歩いたときにはもちろん立っているだけの状態でも足を楽にサポートしてくれます。
では、この足底板についての注意点を少しお話したいと思います。

足利市の頼りになる整骨院

FRAVOR×PORTER ハローバック

大阪で人気の高級中華料理店の口コミ、ランキング☆

最新投稿